かかりつけ医を持つことの大切さを痛感

設備の整った大きな病院では、軽微な症状の患者の受診を減らすため、紹介状がない場合の受診や、一年以内に受診歴がない場合には選定療養費という料金を別途徴収します。
歯科では3240円、それ以外の診療科では5400円ですので、そこへさらに3割負担の診察料が加わるとかなり大きな負担となります。
そのため、まずは住んでいる地域にかかりつけ医を持つことが重要です。
もっと大きな病院で検査をする必要があるとなれば、医師に紹介状を書いてもらうことで、選定療養費を払わずに済みます。
また、かかりつけ医を選ぶ際には、家族全員が同じ医療機関にするというのも大事です。
もし、家族が急に具合が悪くなった場合、とりあえず症状を説明して薬だけを処方してもらえることもあるからで、その時に自分も受診していれば、医師や医療スタッフとのコミュニケーションがよりスムーズになります。
家族のそれぞれがバラバラな医療機関を受診していると、いざという時に対応しづらくなってしまうことが、病状の悪化にもつながりかねませんので、統一するメリットは大きいといえます。